イナキビごはん


地元子ども会のクリスマス会で家族は留守。お昼は私一人。
今年取れたイナキビを入れて炊いたご飯に玉子の黄身を乗せて食べました。
ご飯がもっちり、黄身がトロッとうまい!これで十分。小さな黄色いつぶつぶ見えますか?
イナキビの精殻は百姓の大先輩、長野のりんご農家の湯本さんが引き受けてくれました。
いつもありがとうございます。来年はもっと増やして引き売りで持って行きま~す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カリフリ

Author:カリフリ
標高600メートルの高原の北海道トマム,狩振岳の麓にある20ヘクタールほどの大地で、農薬、化学肥料に全く依存せず、循環型小規模有畜複合型の農場を家族4人で営んでいます。山羊、羊、豚、鶏、ウサギ、鴨、犬、ネコなどの動物たちと多品目の野菜、ソバなどを育てています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カリフリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR