カボチャ定植


ちょっと徒長ぎみのカボチャの苗を家族4人で植えました。
今年は全部で360株定植。
スポンサーサイト

豚放牧開始


いよいよ豚君たち放牧場に放されました。いきなり広いと迷子になってしまうので
電牧で仕切ります。かわいそうだけど最初は必ず電牧にビリッときます。
この豚もこの直後、鼻を電牧にさわって「ブヒッ!」
悪いけど見てると結構楽しい。
早く覚えてね。

ソバ播き


林さん夫婦が手伝いに来てくれて例年より5日ほど遅れてのソバ播種。
ふかふかの土の上を播種機をコロコロと押してひたすら歩きます。
これが結構つらい作業。お疲れさん。
(6月25日木下畑上)

スーパームーン


狩振岳の尾根から登った今年一番の満月、スーパームーン。
本州の皆様、見えましたか?

子豚大移動


子豚を最終段階の放牧場の小屋に移動。2、3日小屋に閉じ込めて慣らしてから
放牧開始します。
今日も一日子どもたち本当に良く手伝ってくれました。
家族4人、へとへとです。

電牧下草刈り


草により電圧が下がっていたので今朝山羊が脱走して畑のレタスの苗を食べていました。
慌てて電牧線下の草刈。きれいになって電圧パワー全開。

春の水源掃除


今年一回目の水源掃除に牛飼いのMさんと行ってきました。
いつもよりもちょっと遅い。
カメラを忘れたので履いていった長靴を撮っておきます。
いつもながらのデータブログです。

ハウス内定植


やっとです。今年は遅い。トマトは旧ハウスです。

気象観測機器


北海道大学院生環境科学科のチームが農場内にトマムの雲海調査のため気象観測機器を設置。
この機械で風向き、風速、気温、湿度、日射量、地温、土壌湿度、雨量のデータが10分毎に
出るそうで、農場にとっても貴重なデータになりそうです。

ホロカトマム山道


今日は息子とホロカトマムの丸山の山道作りにアルバイトで行ってきました。
石を積んでの階段作り。
石運び、疲れた~。

ハウス完成


まる4日もかかってしまって、中古の80坪のビニールハウス完成。
ビニールを提供していただいたミニトマト農家のSさん、ビニール大きさばっちりでした。
手伝いに来てくれた林さん夫妻、皆さん本当にありがとうございました。
さあ、これから植え付けです。

エゾセンニュウ


地元青年消防士、マサヤ君が手伝ってくれてハウス作り。
半ズボンで来たので虫に刺されて足はぼこぼこ。
ハウス、何とか明日には完成したい。

周りの藪ではしきりに「ジョッピンカケタカ」と野鳥のエゾセンニュウが
鳴く季節になりました。

夏日


今年一番の暑さ。30度近くはあったでしょう。
草もぐんぐん伸びています。

ズッキーニ定植


7種類80株のズッキーニの苗をニラと一緒に定植、そして、全面草マルチ。
キマッタ!

子豚移動


ちょっと大きくなってきた子豚を第二段階の運動場へ移動。
なぜか子豚に混じって犬のチコも嬉しそう。

種まき、定植


5日は、スイートコーン、エダマメ、人参、インゲン豆、ゴボウの種まき。
エンドウ豆、長ネギ、レタス類、キャベツ、ブロッコリーの苗の定植。
森やの林さん夫婦、ウファーのモモちゃん、学校が休みだったので一日
手伝ってくれた子どもたち、息子の友達のH君、お疲れ様でした。

朝仕事


毎日朝食前に家族で家畜の世話をします。
この時期からは草刈、草集めの仕事が増えます。
草は鶏、ウサギ、豚たちが待っています。

スプリングフラッシュ


一ヶ月前まで雪原だったのに一気に緑色に様変わり。
今日からやっと山羊、羊の放牧開始。
みんな嬉しそう。

釣り場


農場の一角にある釣りポイントです。
息子が釣りやすいように笹を刈ってやりました。

運動会


初夏の最高の天気のもと、トマム小中学校の運動会が開かれました。
少人数の学校なので生徒はもちろん、父兄、地域の人方たちの出番も多く、
みんなへとへとになります。
プロフィール

カリフリ

Author:カリフリ
標高600メートルの高原の北海道トマム,狩振岳の麓にある20ヘクタールほどの大地で、農薬、化学肥料に全く依存せず、循環型小規模有畜複合型の農場を家族4人で営んでいます。山羊、羊、豚、鶏、ウサギ、鴨、犬、ネコなどの動物たちと多品目の野菜、ソバなどを育てています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カリフリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR